NPO法人 那覇市街角ガイド - 歴史・文化香る 那覇の旅

NPO法人 那覇市街角ガイド

コース1

琉球王国の栄華の証しが体験できる首里城。琉球建築の粋を集めた彩色と構造に触れることができる。地元のぺテランガイドが首里城を隅々まで詳しく案内、初めての方も、リピーターの方も十分に楽しめるコース。

龍が棲む紅い城と知られる首里城は尚巴志(しょうはし)によって三山が統一された1429年から1879年まで、歴代琉球国王の居城でした。詳しい築城時期については不明ですが、12世紀に舜天王(しゅんてんおう)が規模を拡大、15世紀に尚巴志が内郭を、その後外郭を整備したと伝えられています。城内は、正殿、南殿、北殿、書院、それらに囲まれた御庭(ウナー)を始め、歓会門(かんかいもん)・瑞泉門(ずいせんもん)・漏刻門(ろうこくもん)・広福門(こうふくもん)・奉神門(ほうしんもん)など15の門や首里杜御嶽、京の内、下の御庭や、隣接する守礼門、園比屋武御嶽などで構成されています。


首里城御庭における冊封再現儀式

正殿二階の御差床(ウサスカ)の玉座

瑞泉門

集合場所 守礼門前
順路 ①守礼門→②園比屋武御嶽石門→③歓会門→④瑞泉門→⑤漏刻門→
⑥広福門→⑦奉神門→⑧南殿・番所→⑨書院・鎖之間→⑩正殿→⑪北殿→
⑫右腋門→⑬久慶門
別途費用 入館料:大人820円、高校生620円、中学生以下310円  

集合場所:守礼門前

一般観光客・修学旅行生のガイド料金

料金

申し込み

お申し込み
ガイド紹介